【大河ドラマ】柴咲コウが生涯独身の女性武将「井伊直虎」に!

yjimage(9)
2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」、その主演を柴崎コウさんが演じることになりました。
「直虎」とは戦国時代の女性領主の井伊直虎のことです。井伊直虎は、「女地頭」と呼ばれ生涯独身だったと言われています。井伊直政の養母で、直政はあとに彦根藩初代藩主となっています。

スポンサーリンク

生涯独身の女性武将に柴崎コウが挑戦

井伊直虎を今回演じることになったのは、NHKでもドラマ初出演となる柴咲コウさんです。柴咲コウさんは「いきなりの大役で驚いています。もちろん大河ドラマも初出演ということで、自分の生き方でも真似たい部分が多く、とても光栄です!」と喜びと驚きをかくせない感じでした。

柴咲さんは直虎さんを「しなやかさと強さを併せもつ女性」と賛美していて、「これからも彼女の魅力を模索していくつもり」と意気込みを話しています。

初めての大河ドラマということで、1年をかけての制作時間について、「今までやったことがなくとても楽しみ」と時代劇についての豊富を語っています。また、役柄にしても自分でやりたい役。早い段階でオファーに返事したそうです!
「体力や精神力を問われるかな」「飽き性なので・・」となかなか控えめなところはあります。

生涯独身を貫きとおした直虎さんでしたが、ロマンスの話もあって、直虎さんとかかわる4人の男性にも興味のあるところです。女性として「共感できる一途さ」というのも持ち合わせている人だそうです。

柴咲コウさんは、1981年生まれの8月5日生まれです。映画「バトルロワイヤル」で女優として脚光を浴びました。「GO」で日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞など各賞を受賞しています。ほかにはドラマ「GOOD LUCK!!」「ガリレオ」「信長協奏曲」「○○妻」など多数の話題作に出演しています。

井伊直虎についての概要

遠江の国人井伊直盛の娘に生まれ、従弟の井伊直親に嫁ぐ予定だったが、小野道高の讒言により当主の今川義元が謀反の疑いをかけて直親の父や叔父を自害させた為、直親は信濃国に逃亡してしまったうえ、逃亡先で結婚したため生涯唯一の婚期を逸した。

その後「運命の人はどこかしら」と次の機会を待ち続けていたところ、父の井伊直盛が桶狭間で戦死してしまい、逃亡先から嫁をつれて帰ってきていた井伊直親が後を継ぐも、小野道高の息子の讒言により当主の今川氏真に叛意の疑いをかけられ、弁明に行く途中、朝比奈泰朝に首を討たれてしまう。なんというループ。

その後もいろいろあってめぼしい男手のいなくなった為に当主となり、徳川家康に仕える事になる。

家康の力を借りて奪われた城を取り戻したり、直親の仇を討ったりしたものの、武田信玄が攻めてきた際には、あっさり山県昌景に城を明け渡す等、華々しい戦功が無い為か「信長の野望」には未だに登場しない。ニコニコ大百科

ポチっとお願いします
スポンサーリンク

フォローする