香川真司、サッカー業界のトレンドに再浮上か?

yjimage(3)

サッカー、ドイツ1部リーグのドルトムントで通算4シーズン目を迎えている香川真司選手が、再びその復調と共に業界のトレンドに再浮上する時期を迎えつつある。

彼が最初にドルトムントで過ごした2シーズンは、それこそドイツと日本両方でのトレンドとなった。

プレシーズンから、当時欧州サッカーで5本の指に入ると言われたGKシェイ・ギブンからゴールを奪うなど絶好調。

シーズンに入るとたちまちチームの中心に。ダービーマッチでも縦横無尽に活躍し、ドイツのサポーターの心を鷲掴みにした。その効果は代表にももたらされ、アジアカップの優勝にも大きく貢献。また、そのアジアカップで負傷しシーズン後半を棒に振っても、サポーターにはひたすら待ち焦がれられる存在となった。

その翌シーズンは1シーズン目に輪を掛けたような活躍を見せた。ドイツ最強と言われたバイエルン・ミュンヘンも押しのけドルトムントが天下を取るシーズンの中心となったのだ。

しかし、その後イングランドのマンチェスター・ユナイテッドに移籍すると次第にその勢いはしぼむ。1シーズン目はまずまずの活躍が出来たが、2シーズン目からは監督の戦術に馴染めずそのプレーからは自身が消え、クラブからも代表からも存在感は薄れていった。

しかし、その暗黒期から解き放たれつつある。昨シーズン古巣のドルトムントへ復帰すると、シーズン後半には少しずつかつての動きを取り戻す。

そして、トゥヘル新監督のもと今季はプレシーズンから結果を残し、公式戦でも2戦連続ゴールを決めるなど、かつての試合に出れば何かが起こる勢いを取り戻した。

この勢いを代表でも発揮できれば、再び香川がトレンドの中心に戻る日も近いだろう。

ポチっとお願いします
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク