木下ほうかがブレイクしたワケは?今、悪役がキテる?

木下ほうか

『スカッとジャパン!』(フジテレビ系)や『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(フジテレビ系)などで大ブレイクを果たし、現在様々なドラマや映画などにひっぱりだこの俳優・木下ほうかさん。名脇役として様々な作品に出演されています。最近ではその悪役っぷりがもっぱら話題です。この秋からも『下町ロケット』(TBS系)のドラマへの出演が決まっています。

以前は正義のヒーローが注目されるような時代でしたが現在は結構悪役に人気が集中することもあります。そんな悪役ブーム?と木下ほうかさんの魅力についてひもときます。

スポンサーリンク

木下ほうかはこんなに魅力的?ブレイクしたワケは?

木下ほうか

誕生日:1964年1月24日
星座:みずがめ座
出身地:大阪
性別:男
血液型:O型
身長:173cm
デビュー年:1981年
デビューのきっかけ映画:「ガキ帝国」のオーディションの新聞広告を見て応募
デビュー作品:ガキ帝国 (映画)
(引用元:yahoo!検索 人物)

実は、ブレイクまでは路頭に迷うことも多くなかなか芽が出なかった苦労人俳優さんなんです。
映画『ガキ帝国』のオーディションに合格したことから俳優人生は始まりました。
その後、なんと一時期は吉本新喜劇に所属し、新喜劇の俳優として活動していましたがわずか3年で退団しその後は様々な映画・ドラマなどに出演するようになるようです。

そんな木下ほうかさんの代名詞といえばやはり『スカッとジャパン!』の名物キャラクター「イヤミ課長」です。なにかにつけてイヤミが激しい馬場課長というキャラがこの番組内で激しく人気になり大ブレイクを果たしました。
悪役なのに番組宛に馬場課長(木下ほうかさん)へのファンレターが大量に届いているようです。
「はい、論破。」という決めゼリフも大変人気です。
人気の秘密は「リアリティ」と「悪役なのにどこかで憎めない魅力を秘めている」「癖やアクの強すぎる演技」がウケているようです。

『昼顔』で共演した斎藤工さんも木下ほうかさんを役者として尊敬しているそうで「血のにじむような努力の先に今の木下ほうかさんがいる。リスペクトしてます。」とラジオで発言したようです。

悪役が今キテる?そのワケとは?

今や悪役は主役を食うような勢いで人気を博しています。いままでは専ら主演などで正義の味方などの役を演じることが多かった俳優さんなども悪役を演じることも多くなりました。

悪役が主役となる作品も多々あります。木下ほうかさんのまさにブレイクするきっかけとなった『スカッとジャパン!』という番組は悪役をスカッと成敗するのが魅力的な番組です。しかし当然のごとく悪役がいないとこの番組はなりたちません。

悪役は結局はやられてしまい、悲しい思いをすることが多い役柄でもあります。そんな悪役は主人公とはまた違う感情などを抱いておりそういったバックグラウンドに同情したり感情移入したりして悪役にハマっていく人も多いようです。
「どうせ最後は主人公が良い思いをする。」というのを前提にしているため、逆にその影で頑張る悪役に心惹かれていくという心理を持っている人が多いようです。

清純派のイメージが強い役者さんなども自ら悪役がやりたいと望んでいることも多いようで、好青年のイメージが強すぎる福士蒼汰さんも「悪役がやりたい。」と志願しているようです。(しかも徹底した悪役)

そんな主役よりも魅力的に感じる悪役を好演する木下ほうかさん。
ますますこれからの活躍が楽しみになりますね。