おばさん女優で有名な松岡茉優はモーニング娘。の熱狂的なファン?

松岡茉優

NTT東日本のCMで「社長!」と呼びかけるセリフの言い方がとても癖があり、なんとなく気になった方もいるでしょう。そのCMに出ている人こそ、今回紹介したい松岡茉優さんなのです。
彼女は話題作にもいろいろ出演している人気女優でこの秋からも『コウノドリ』(TBS系)で準主役として出演が決まっています。

そんな松岡茉優さんはとても女優とは思えないような思い切りの良い性格がウケて現在人気急上昇中でバラエティなどにも積極的に出演しています。今回はそんな松岡茉優さんについて紹介します。

スポンサーリンク

え?妹のかわり?松岡茉優はこんな人。

松岡茉優(まつおかまゆ)

誕生日:1995年2月16日
星座:みずがめ座
出身地:東京
性別:女
血液型:B型
身長:160cm
(引用元:yahoo!検索 人物)

実は、松岡茉優さん、本当は妹さんの松岡日菜さんがスカウトされていたのですが一緒にいたところ「よかったらお姉ちゃんもやってみるかい?」と言われ、本人いわく「ついでにスカウト」されたそうです。
現在、妹さんは芸能界をすでに引退していますが妹のおかげで自分がいるということで妹さんには大変感謝しているそうです。

2008年には大好きだった『おはスタ』のおはガールになったことも。卒業してからはバラエティより女優業中心で活動しているようです。
2013年にNHK連続テレビ小説『あまちゃん』での演技が話題になりました。
彼女の演技力の高さに脱帽した人も多く、この作品で松岡茉優という名前を広めるきっかけとなったようです。
他にも『GTO』、『問題のあるレストラン』などにも出演し、どんどん知名度を上げていきました。
とにかく男っぽくサバサバした性格の持ち主でその淡白さから「おばさん女優」と言われています。笑
他にも女版八嶋智人とも言われているそう。
そんな松岡茉優さんは大好きなものがあります。それは『モーニング娘。』です。しかも彼女が好きなのは、現在の9期メンバー以降で構成された「「新生」モーニング娘。」のようです。その愛はとにかく熱狂的でラジオでよく魅力を語っているため、ファン公認のファンのようです。

ドラマ『コウノドリ』での松岡茉優の役柄は?

都内のとあるライブハウスでは、謎の天才ピアニストBABYがライブ演奏中。客席は一杯なのに、開演10分でライブは終了してしまう。
実はBABYの正体は、ペルソナ総合医療センターの産科医・鴻鳥サクラ(綾野剛)。そんなサクラを、救急車から妊婦の受け入れ要請の連絡が入ってとまどう新米産科医の下屋加江(松岡茉優)が電話で呼び出していたのだ。
受け入れ要請の妊婦は、産科検診を受けず、妊娠週数も不明の「未受診妊婦」だった。未受診妊婦はリスクが高すぎる。
万一、感染症などがあれば、医療スタッフにとっても他の患者にとっても、極めて危険な患者となる。しかし「未受診なのは母親のせいで、お腹の赤ちゃんに罪はない」と、サクラは新生児科にも受け入れ体制を組むように要請。新生児科のリーダー・今橋貴之(大森南朋)が、躊躇する白川領(坂口健太郎)らを抑え、受け入れを決める。
さらに、サクラは、未受診妊婦のフォローのために、メディカルソーシャルワーカーの向井祥子(江口のりこ)にも来てもらうように指示。そこへ、ベテラン助産師の小松留美子(吉田羊)も駆けつける。
──果たして緊急搬送されて来た未受診妊婦・夏希は無事に出産できるのか。サクラと周産期医療のチームプレーで奇跡を起こすことができるのか──?

(引用元:コウノドリ公式サイト(TBS))

産婦人科で働く男性のお話のようですね。このお話は人気漫画が原作となっています。
そんな中で松岡茉優さんは新米産婦人科医の「下屋加江」を演じます。
新米の産婦人科さんの役です。まだ若く、新米ということもあって時々、暴走してしまう部分もあるそうです。綾野剛さん演じる「サクラ」に憧れていて、いつか彼のような誰からも信頼される産婦人科医になることを夢見て、時に壁にぶつかりながらももがきながらガンバるという役のようです。

イメージとしては松岡茉優さんの性格となんとなく合ってるような気がします。
松岡茉優さんは業界裏の評判も結構よく、演技力に定評があるようです。おそらくその上での今回の抜擢だったのではないでしょうか?

どのようなドラマになるかわかりませんが見る前からとても楽しみです。
この作品でまたいろんな人に松岡茉優さんの演技力をいろんな人に理解してもらえると良いですね。