東大、食物アレルギーの症状悪化を防ぐ物質発見 根本的な治療に期待

喜び

食物アレルギーの原因となる細胞が増えるのを抑える物質を発見

食物アレルギーの原因となる細胞が増えるのを抑える物質を、東京大の村田幸久(たかひさ)准教授らの研究チームがマウスの実験で見つけ、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ(電子版)に発表した。人の体内にもある物質で、村田さんは「この物質を利用すれば、対症療法ではなく、食物アレルギーの根本的な治療方法の開発につながる可能性がある」と話している。

 食物アレルギーは消化管などで増える「マスト細胞」が原因。この細胞は、体内に食べ物が入ると、ヒスタミンなど炎症を起こす物質を出す。研究チームは、こうした物質と一緒に放出されるが、すぐに消える「プロスタグランジンD2(PGD2)」という生理活性物質に着目。遺伝子操作で、この物質を作れるマウスと作れないマウスをつくり、比べた。

 実験の結果、PGD2を作れないマウスは、作れるマウスに比べ、マスト細胞の数が約3倍に増え、皮膚の腫れや下痢といった症状が悪化した。研究チームは、PGD2がマスト細胞の増加を抑え、症状の悪化を防ぐ働きがあると結論づけた。どのような仕組みでマスト細胞の増加を防ぐか研究を進める。

 厚生労働省などによると、食物アレルギー患者は国内では全人口の1~2%。子どもに多く、成長ととも治る場合も多いが、大人になっても続く場合もあり、発症が遅いと治りにくいとされる。有効な治療法は確立されておらず、命にかかわることもある。Yahoo!ニュース

食物アレルギーとは?

摂取した食物が原因となり免疫学的機序(体を守る働きを免疫と言います)を介してじん麻疹・湿 疹・下痢・咳・ゼーゼーなどの症状が起こることを食物アレルギーといいます。アレルギーは「過敏症」と訳されますが免疫反応の一つでありわれわれの体にとっての異物を排出するための一つのメ カニズムです。したがって我々がアレルギーを起こす対象は主に人間以外の動植物由来の蛋白質が ほとんどです。食物アレルギーが免疫学的機序を介しているということが重要で、食物そのものの 作用によるものは食物アレルギーには含めません。たとえば乳糖を体質的に分解できずに下痢を起 こす乳糖不耐症という病気では乳糖を含む食物を食べるとあたかも牛乳アレルギーのように下痢を しますが、この場合には食物アレルギーとは言わず食物不耐症といいます。食物は我々が生きていくのに必須ですが、個人個人の体質により食物により体に不利益な反応が起きることもあるのです。厚労省

応援宜しくお願いします

ポチっとお願いします
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク