【噴火警報】桜島の噴火警戒レベルが4の「避難準備」に

鹿児島県の桜島では、15日朝から島内を震源とする火山性地震が多発していて、体に揺れを感じる地震も相次いでいます。気象庁は今後、規模の大きな噴火が発生する可能性が非常に高くなっているとして、桜島に噴火警報を発表し、噴火警戒レベルをレベル3からレベル4の「避難準備」に引き上げました。気象庁は、昭和火口と南岳山頂火口からおおむね3キロの範囲にある、鹿児島市の有村町や古里町では避難の準備が必要だとして、厳重な警戒を呼びかけています。

気象庁によりますと、桜島では15日午前7時ごろから桜島の島内を震源とする地震が多発し、体に揺れを感じる地震も午前中に2回発生しています。また、島内に設置している傾斜計や伸縮計では、山体膨張を示す急激な地殻変動が観測されていて、変化は一段と大きくなっているということです。
気象庁は桜島では規模の大きな噴火が発生する可能性が非常に高くなっているとして、午前10時15分に桜島に噴火警報を発表し、噴火警戒レベルをレベル3からレベル4に引き上げました。昭和火口および南岳山頂火口から3キロ以内の鹿児島市の有村町や古里町では重大な影響を及ぼす噴火が切迫していると考えられ、大きな噴石や火砕流に厳重に警戒し、避難の準備が必要だとしています。
桜島で噴火警戒レベル4の噴火警報が発表されたのは、平成19年の導入以来、今回が初めてです。NHKニュース

噴火警戒レベルについての記事はこちら

応援よろしくお願いします

ポチっとお願いします
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク