【恐怖】茨城の海岸でサメ2匹が確認され、海水浴場遊泳禁止に

メジロザメ

茨城県の海岸にメジロザメ系とみられるサメが出現

 茨城県の海岸で大型のサメが確認され、鉾田、鹿嶋、神栖の3市と大洗町は5日、設置している計7カ所の海水浴場を遊泳禁止にした。サメによる被害の報告はないという。

 県によると、鉾田市の大竹海岸鉾田海水浴場付近などで4日夕と5日朝にサメ2匹を目撃したとの情報が市に寄せられた。海上保安庁の航空機と県警のヘリが巡視したところ、5日午後、鉾田市汲上の海岸から5~20メートルのあたりで体長4メートル級のサメ2匹が確認された。

 アクアワールド大洗水族館(大洗町)が撮影された画像を調べた結果、メジロザメ系のサメとみられるという。

 6日も、検討中の神栖市を除く3市町が遊泳禁止を決めており、安全が確認されれば解除する見通し。Yahoo!ニュース

メジロザメ科の特徴

世界中の暖かい海に分布する。オオメジロザメやガンジスメジロザメなど7種は淡水にも適応が可能である。外洋の表層や沿岸域など比較的浅い所で普段生活し、他の魚や甲殻類、頭足類などを捕食する。沿岸域を好む種は一ヶ所に定住するが、外洋性のヨシキリザメなどは長距離を回遊する。

メジロザメ科の最大種はイタチザメで、最大で体長7.4 mに達する。しかし他の多くの種は体長1-3 m程度である。体型は流線型で、活発に泳ぎ回る種が多い。

いずれの種も肉食性が強く、活動的で体も大きいため、人にとっては危険である。特に危険なのはイタチザメとオオメジロザメで、これら2種はホホジロザメよりも人身事故の件数が多いと言われる
 wikipedia

応援よろしくお願いします

ポチっとお願いします
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク