物干しざおの移動販売でトラブル多発、高額請求が年々上昇

物干しざお高額請求

物干しざおの高額売りつけに注意

 物干しざおと台一式で90万円--。国民生活センターは6日、移動販売の物干しざおを高額で売りつけられたという相談が増えているとして、注意を呼びかけた。

 同センターによると、移動販売の物干しざおについて全国の消費生活センターなどに寄せられた相談件数は、2007年度まで500件前後あった。注意喚起を強化した結果、08年度は62件にまで減ったが、14年度は465件と増えつつある。

 相談は、物干しざおの販売で「『2本1000円』と放送していたのに注文すると1本4万9800円と言われた」など想定以上に高額で売りつけられた内容が多かった。さおの支払額は平均4万2319円だという。13年には、近畿地方の80代女性から「業者が勝手に庭に入って『古いので替えるべきだ』などと言って新しい物干しざおと台を設置した。90万円を請求され、その場で現金で支払ってしまった」という相談もあった。ほとんどの業者の連絡先は分からないという。

 国民生活センターによると、さおは1本1000円以下、台は数千円から2万円台で買える。同センターは「販売価格を確認し、断ることが難しいときには周囲の人や警察に助けを求めてほしい」と話している。Yahoo!ニュース

被害男性「負い目もあって購入した」

神奈川県の40代の男性は「2本で4万円」という高額な物干しざおを売りつけられました。男性によりますと、移動販売車の拡声機では「2本で1000円」と呼びかけていましたが、業者は「2本で1000円のさおは、すぐにさびてしまう」と言って別のさおを勧めてきたということです。
その後、業者が男性の自宅の物干し台の間隔に合わせて、さおを切ったあと、「2本で6万円だ」と高額な値段が示されました。男性は価格の高さに驚いて断ろうとしましたが、すでにさおを切っていたこともあり、トラブルを避けたいと感じて、持ち合わせていた4万円を支払ったということです。
男性は、「2本で1000円という売り文句を聞いていたので、そこまで高いと思っていなかった。価格を聞いてやられたと思ったが、自分が業者を呼び止めたという負い目もあって、購入せざるをえなかった。重くて長いものが買えないお年寄りや一人暮らしの女性をターゲットにしていると思うが、こうした売り方はずるいと思う」と話しています。NHKニュース

応援よろしくお願いします

ポチっとお願いします
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク