【動画あり】新護衛艦の艦名が「かが」に決定!※加賀ではない

かが DDH

スポンサーリンク

「加賀」の名前を継承か?

海上自衛隊の新型ヘリコプター搭載護衛艦の命名・進水式が27日、横浜市内で開かれ、「かが」と命名されました。今年3月に就役した「いずも」の2番艦で、護衛艦としては最大規模となる全長248メートル、基準排水量約1万9500トン、乗員約470人だそうです。

この「かが」という命名は、旧帝国海軍における最大の航空母艦だった「加賀」の名前を継承したのでしょう。
ちなみに「かが」という名前は、かつての律令制における「加賀国(石川県)」を由来とします。

「加賀」は1942(昭和17)年のミッドウェイ海戦において米海軍ドーントレス急降下爆撃機の集中攻撃を受け、同海戦で沈んだ艦のなかでは最大の人的被害を出し、爆沈したと言われています。

「かが」の特徴

護衛艦「かが」は、全通甲板を備えたヘリコプター搭載護衛艦(DDH)であるため、艦そのものの戦闘能力は低く抑えられていて、ヘリコプターの運用に重点を置いています。攻撃的武器は自艦防御での最低限の水準に抑えられていて、飛来する敵ミサイルを撃ち落とすための小型ミサイルRAMや機関砲CIWSに限定されているそうです。

軍事についてよく知らないのですが、中国にとってはかなりの脅威となるのではないでしょうか。

この「かが」という命名に艦これユーザーは歓喜している模様。
これ「加賀」やない、「かが」や!

ポチっとお願いします
スポンサーリンク

フォローする