「教えて!ヒゲの隊長」自民党が安保法案理解のためにアニメを作成

自民党は3日、安全保障関連法案への理解を広げるため、「教えて!ヒゲの隊長」と題するアニメ動画を作成し、党ホームページに掲載した。陸上自衛隊出身でイラク派遣の経験もある佐藤正久参院議員に模したキャラクターが、日本に迫る脅威を説明し、法整備の必要性を訴えている。
同党は4月、憲法改正の意義を訴える漫画冊子も作成している。選挙権年齢が18歳に引き下げられるのをにらんだ対応とみられる。
アニメは、スーツ姿の「隊長」が電車内で知り合いの女の子の質問に答える設定。「本当に戦争に巻き込まれたりしちゃわない?」との疑問に、隊長は「そんなことはないから。徴兵制も絶対にあり得ない」と回答。「抑止力がさらに高まり、戦争を未然に防ぐことが法制の目的なんだ」などと説いている。
一方、谷垣禎一幹事長は3日の記者会見で、党安全保障法制整備推進本部の名称を、平和安全法制推進本部に改めると発表した。取り組む内容も、法案への理解促進に重点を移す。時事通信

ポチっとお願いします
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク