物理五輪、日本が3年ぶり金 国際物理オリンピックとは?

IPho

物理五輪、日本が3年ぶり金=高校代表5人、全員メダル

文部科学省は12日、インドで開かれた第46回国際物理オリンピックに日本の高校生代表5人が参加し、全員メダルを獲得したと発表した。奈良県の東大寺学園高1年渡辺明大さん(16)が金メダルで、銀と銅が2人ずつだった。日本代表の金メダルは2012年の大会以来、3年ぶり。
 今大会には82カ国・地域の計382人が参加し、金メダルは成績上位者の8%、銀は17%、銅は25%に配分された。
 銀メダルは兵庫県の灘高3年加集秀春さん(17)と大阪府の大阪星光学院高2年吉田智治さん(16)、銅は灘高1年上田朔さん(16)と東京都立小石川中等教育学校(中高一貫校)6年高橋拓豊さん(17)が受賞した。 Yahoo!ニュース

国際物理オリンピックとは?

国際物理オリンピック(International Physics Olympiad、IPhO)は、1967年にポーランドのワルシャワで第1回大会が開催された物理の国際的なコンテストです。各国から高等教育機関就学前の若者が参加し、物理学に対する興味関心と能力を高め合うとともに、参加国における物理教育が国際的な交流を通じて一層発展することを目的としています。科学・技術のあらゆる分野において増大する物理学の重要性、次世代を担う青少年の一般的教養としての物理学の有用性に鑑み、毎年夏休み期間に開催されています。物理チャレンジ

試験について

国際物理学オリンピックには各国5人の選手が出場できる。IPhOには理論の部と実験の部があり、理論の部は5時間で問題を3問解くようになっている。問題は大学院入試レベルの物理の範囲から出題され、日本の高校生が既習でない分野には、特殊相対性理論などが含まれる。試験ではプログラム機能のない電卓を使用することができる。実験の部ではあらかじめ決められた採点規準にそって採点が行われる。wikipedia

メダル授与

銅(およびそれを超える授与):参加者全体のトップ50%に対して授与
銀(およびそれを超える授与):参加者全体のトップ25%に対して授与
金:参加者全体のトップ8%に対して授与

最高スコア者(Absolute Winner 絶対勝者)は、金の授与に加え特别に表彰される。また参加者全員に参加を証明する証明書が付与される。wikipedia

ちなみに2016年はスイス・リヒテンシュタインで行われるそうです。

応援宜しくお願いします

ポチっとお願いします
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク